メインイメージ画像

検索エリアを絞り込む

経営の拠点となる新しい事務所を用意する場合、賃貸事務所を検討することがあるかと思います。もし新たに貸事務所を検索する場合、まずはエリアを決定する所から始めてみましょう。事業展開をするにあたっては、なによりも所在地と交通アクセスが将来を左右するでしょう。希望するエリアが決まったら、その中から賃料・内装・セキュリティシステムなどの諸条件が最適な物件を探すのがスムーズな選び方ですね。多くの物件を見ても希望エリア内でこれという物件が見つからない場合、少しエリアを広げた上でもう一度探すと見つかるかもしれません。

基準になる軸を決めておけば検索が首尾良く進むでしょう。

事務所に入る時の初期費用にはどういう種類があるか整理しましょう。
敷金や礼金、仲介手数料などは通常の住居用の賃貸と変わりません。事務所独特の費用としては、同じビルの他の店子や建物の所有者に損害を与えた場合のための保険や賃料滞納に関する賃貸保証料に関する費用があるでしょう。

イメージ画像

他に、社名の広告看板など、エクステリアを工事する場合にはその工事費用も掛かりますね。物件の大家によっては工事の発注先が特定の業者に限定されていることもありますから注意しましょう。

事務所を移転する際の諸経費の内訳を整理してみましょう。どこの事務所に移転する場合でも、絶対に掛かる費用とそうでないコストがあります。

まず生じる経費とは、敷金や礼金、不動産業者への仲介手数料など、契約がまとまったら賃貸料の数月分を支払うのです。もう一つ、必ずしも発生しない経費の中には、レイアウト工事や備品など、ファシリティに関わる諸経費があります。建物の改装については、バジェットを割り振って大幅に手を加える必要があるか、既存設備を使って費用削減するのかは自分たち次第で変えられます。効率的に内容を整理して、できるだけコストを抑えられるように検討しましょう。