メインイメージ画像

業者を比較しよう

会社の賃貸事務所を移転する時、どこの業者を起用するか比較することが重要です。賃貸事務所の移転にはとてもややこしいタスクと沢山のコストが出てきますから、業者の選定はとても大事なポイントです。少なくとも2,3社の引っ越し業者に移転の概要を説明し、見積もり依頼を出してみましょう。業者によってどんな工程まで請け負うことができるのか、そして、移転費用も大きく違うため、業者ごとに合計でいくらコストがかかるか比較が必要なのです。更に、見積もりの連絡をしながら、回答の迅速さもチェック対象にしましょう。

イメージ画像

事務所を新しく借りるなら、バリアフリー設計になっていることは必須です。昨今、バリアフリー化はハード面だけでなく、多くの人々のマインドにも定着しているのが事実です。通常の企業であれば、事務所がバリアフリー化されているのが当然との認識も広まっています。また、せっかくのビジネスチャンスも、バリアフリーしていないがために逃すことも十分に想定されます。

幅広いビジネスを展開するためにも、オフィスのバリアフリー化を進めましょう。

事務所を移転する場合、重要なデータや機材を預けるわけですから、どこの業者に頼むかは非常に大事なポイントになってくるでしょう。
いくつかの業者に見積もりを依頼し比較してみたらいいかもしれませんね。各引っ越し業者によって引越しの日程やコストなどは大きく異なるので、比較したうえで最も都合が合うところを選ぶようにするといいかもしれません。

見積もりをするやり取りの中で迅速な対応をするかどうか、丁寧な対応をするかを見極め、そういったことを参考にしても良いでしょう。またその他にも引っ越しする時には新しいオフィスの内装などを工事する業者を決めることも必要です。物件によってはビルオーナーが指定する業者がいる場合もありますが、そうでない時は自分自身で業者を選択しなければなりません。そういった場合も同様に、いくつかの業者に相談をして見積もりを依頼し、それを基準に決定すると良いかもしれませんね。