メインイメージ画像

耐震性の優れた建物を見つける

自然災害のニュースがこのところよく耳に入ってくるようになりました。会社を運営していくうえで、これらの対策を考えることはとても重要になってきているといえます。将来、賃貸事務所を探す時は、耐震性が優れた建物を見つけるようにすると良いでしょう。この頃の防災への意識の向上から、生存を左右する耐震建物は賃貸事務所にも今や必須条件なのです。

しかも、ある程度の市街地であれば建物が隣接して建てられ、交通網の麻痺による集団パニックも重なり、地震後の危険度はより拡大しがちです。最悪のケースの為に備えて、そして、自社の信用度を上げるためにも耐震強度が高い事務所を選択することは大変重視すべきと考えられますね。

事務所の引越をする場合の気をつけることを考えておきましょう。事業所の移転で特に力をいれるべきなのはスケジュールのアレンジでしょう。

イメージ画像

事務所を引っ越すには取るべきアクションが非常に多いです。新規事務所探しに始まり、レイアウトの工事手配、内装の手配、ネット回線の手配、備品関連、取引先への連絡、社内の書類の内容変更、サイトの住所変更、引越社とのすり合わせなど、ボリュームの大きいイベントです。そのうちのどれか一つでも順調にうまくいかないとその後の予定に遅れが出てきますから、半年くらいかけて引越を進めるのが安全です。

事務所で使うためのオフィス家具を探すのは大変な労力ですね。

事務所を移転する初期費用は少しでも少額で抑えられたら良いですよね。賃貸事務所にはオフィス家具付きの物件も最近増えていますし、リース商品を活用する案、さらに、中古や格安のオフィス家具を活用するやり方もあります。こういったやり方でしたら、実際に事業展開していく中で人の動きや事業拡大に合わせて家具の配置を変えても金銭面で追加費用が少なくて抑えられます。中でもリース家具は不要になった家具の廃棄の負担がなく、かなり応用がききます。