メインイメージ画像

改装の有無をチェック

賃事務所を移転する時、悩みの種なのがその時にかかる初期費用ですよね。事務所により差はありますが、大体は礼敷金・共益費・保険料・仲介料金が一般的な費用で、追加工事をする場合、内装・外装の工事コストが上乗せされます。これらの費用でコストカットが期待できる初期費用は、礼金や仲介料でしょう。これらが少なめに抑えられるところを選びましょう。また、工事の費用は相応に高額になりがちですから、改装の必要があまりない所を探せば初期費用を大幅にコストダウンが実現するでしょう。

できるだけ快適な事務所で仕事をしたいと思うのは自然なことです。どのような事務所が快適かは人によって異なることもあるかと思いますが、ゆとりのある空間は重要な要素でしょう。特に事務所を探す時、天井の高さのことを見落としてしまうものです。天井の高さが十分高くないと、意外に威圧感があり、狭苦しい感じや不快感が拭えないものです。

  • 賃貸事務所・賃貸店舗をどこで探したら良いですか?-教えて!GOO
  • イメージ画像

    一般的に理解されている通り、事務所の天井の高さは少なくとも2.6mは確保したいところで、2.7メートル位あると開放的な空間が感じられます。賃貸不動産の検索サイトでは天井高をもとにして事務所のサーチができるようになっていますから、参考になりますね。ちなみに、築後古い物件には天井高の低い建物が多く、注意が必要です。少しでも天井の高い所を選び開放感のあるオフィス環境にしておきましょう。

    事務所を借りる時に交通アクセスが良いか調査しておくのは一番肝心のポイントです。その理由は、これから経営を行うにあたって交通アクセスが良いということは、カスタマーにも、通勤するスタッフにとっても条件が良いだからです。取引先からしてみれば当然と言えますが、スタッフとしても通勤時間が多いとその分だけ無意味な拘束時間が増えますし、立地条件が良い場所である場合優秀な社員も集まりやすいわけです。このことを踏まえた上で、家賃とのバランスを検討材料に入れて事務所探しをしましょう。