メインイメージ画像

人気スポットから離れた場所を

イメージ画像

貸事務所を契約する場合、賃料は最も重要な要素でしょう。初期費用ばかりにとらわれてしまいがちですが、事務所の維持管理は後々の経営に大きく影響します。その中で賃料は大きなウエイトを占めるといっていいでしょう。賃料は言うまでもなく、住所によるものが大きく、皆が知っていたり若者で溢れているスポットがあるところでは賃料もまたたく間に高騰してしまいます。

賃料をほんの少しでも低く抑えるには、人気のスポットから何駅か遠い場所の建物を選べばいいのです。できることならば、望みのエリアと同一の路線上にある駅の中で選ぶのが良いでしょう。数駅遠くなっても乗車時間はそこまで差が無いですが、賃料は抑えられることが多いと思います。

事務所の配線工事を実施するのに気をつけるべきなのは、契約が開始した後でなければ工事を始められないという点です。

つまり、契約開始後、各種工事が完了するまでその事務所で業務を始めることが出来ない期間ができるということです。こういう場合は、事務所の工事が完了するまでの間、以前の事務所と次の事務所の家賃を共に支払わなければいけないため、大変大きな負担が生じます。これを回避するには、フリーレントと呼ばれる、賃貸契約開始から2,3ヶ月は家賃無料という建物にすれば二重払いをしなくて済むでしょう。

事務所のメリットの一つは、内装を自由自在にアレンジできるという点ですね。

工事費用はそれなりに掛かりますが、事業のイメージやスタッフの使い方に最適な内装レイアウトを一新することができるのです。費用節減したい場合、居抜き店舗で工事なしに使えそうな内装の事務所を選んだら、内装の工事なしに事務所として利用できます。この場合、費用のかさむ工事自体が省かれるので、大変なコストダウンが実現します。それ以外の案として、家賃は若干割高ですが、短い期間の賃貸ならレンタルスペースを使うやり方でも手軽です。